人生に輝きを!

革と絵画と小説と詩と

私の石鹸遍歴&育てられるものが好き!

私は結構、洗うものに関しては色々と試してきた事があります。

 

最初に違和感を覚えたのは、大体学生の頃、家で家族共通で使っている

パンテーンが結構洗い上がりにぬるぬるする事から

合成のシャンプーに違和感を覚える様になっていきました。

 

そうして石鹸で全てを洗う事に注目する様になってきたのです。

 

・今まで使ってきた石鹸一覧

 

アレッポの石鹸(ノーマル)

(この時はクエン酸リンスなし)

 

シャボン玉石鹸

(これもクエン酸リンスなし)

 

次にPGCDのサボンモーヴ

(使い心地が大変に良いのですが、今は定期便をストップしています)

 

・最近

 

アレッポの石鹸(エキストラ40)

 

今はこれで全身洗っています。そして今までと違って

クエン酸リンスも使っております。

基本、油粘土の様な香りは変わりがないのですが

エキストラ40はローレルオイル(別称 オイルの宝石)が

たっぷりと含まれているので、どこかウッディな感じがするのも魅力です。

 

クエン酸リンスはミヨシ石鹸の無添加リンスを使用しています。

ローレルオイル配合のエキストラ40は日本輸出用という事で

シリアの石鹸職人さんの努力を感じています……。

 

・石鹸と共に使っているもの

 

日本櫛の木櫛です。

木でできた櫛で、椿油が染み込んでいます。

これも職人さん手作りの品で、革製品の様に

味が出てくる様になっています。

 

手作りの石鹸もそうですけれど、基本手間暇かかったものが好きな様で

(若干選んだ品物が合っていないという事はありますが)

 

SIRUHAの財布も帆布財布で、職人さんが丁寧に作っているものですし

(Pressoの財布と代替わりする時は、

家の中にあるカードケースとして使用します)

 

木櫛もそうですし、PGCDのサボンモーヴもフランスの職人さんが作っていますし

アレッポの石鹸に関してもシリアの職人さんが作っています。

 

石鹸以外にも革製品だって、職人さんが関わっています。

 

どことなく、あたたかみを感じるものが好きです。

 

今は水洗いをしていくと、どんどんふんわりとしていく

「育てるタオル」に興味が出てきました。

 

革製品から始まった肌への関心は

悪いものではなかったようです。

 

(性別が中性なので、中性的な美しさを保ちたいという

願望があるのです)

 

 

 

 

人に期待しないで生きる

私はもともと他人に興味がない。

共通の趣味を持っているとするならば、多少は近づくが、それでも人間関係において余り良い思いをしたことがなく、悲しくなったりと

負の側面が大きい。

 

だから私は

人に期待しないで生きる事にしている

 

私は別に一人でも平気だからだ

家族さえいれば、後は上辺だけうまく回ってくれれば、それでいい。

 

共通の趣味を持っていても深入りすれば

破綻する。何がいいのかわからない。

 

だが時に人恋しくなる時がある。

人間はよくわからないし疲れるし

生きる事も正直疲れている。

かといって創作は楽しいから死ねない

 

過度に人に期待してもトラブルばかりだ。

やってもいないことをでっち上げられたり

くだらないことでぶつかったりする

 

人間やめたいと思い、立ち止まるも

次の日には歩き出しているのだから

我が身も憎いものです

PGCDのケアから、後に何もしないケアに移行する

別に私は化粧をしないのだし、スキンケアは不要だと考えていたが

今は男も化粧をする時代、ならば少しでもケアをした方がいいのかと思い

PGCDのスキンケア、スカルプケアを共に行っていたが

どうやらその必要性はなさそう、という事に気がついた。

 

全て、水とお湯で解決出来るようなのだ。

 

www.amazon.co.jp

 

これを読んで、そう思った。

 

確かに靴磨きがこうじて、自分のケアにも目を向け始めた私だが

別にスキンケアに高額を注ぎ込まなくても良かったわけだ。

殆どの汚れは水とお湯で落ちてしまうし、私は化粧もしないのだから。

 

朝と夜、水で顔を洗えばいいだけだ。スキンケアはあくまで趣味。

ただそれが肌を破壊しているとなれば、PGCDの理念とは別に決別しないといけないかもしれない。商品自体は好きなのだが。

 

究極的には湯シャンでもよいと書かれているが、頭部だけはどうしても抵抗があるので

徐々にという事になりそうだ。

 

何もしない方が美しくなれる。私は見た目も中性的に近づけたいと思っているので

色々と試行錯誤を繰り返す事になりそうだ。

 

 

 

 

新型iPad Pro買わず。MacBook Air2013のバッテリーを交換しました

結局手放したまま買わずにいます

(後々買うかもしれないですが)

 

私が買ったもの

・MacBook Air2013モデルのバッテリー交換

Macアプリ テキストエディタ stone

 

小説執筆だと2013モデルでも十分で。

イラストはしばらくアナログになりますね。

 

私がやめたもの

・文通

(文通村という匿名でできる文通を利用していたけれども、よく見てみるとやりとりしている人も少なく、頻繁にやりとりできるわけでもなく、表面的な話しかできないのでやめました

2018 新型iPad Pro買うぞ!

iPadは宅配買取の段ボールの中

小説は通勤時間にせっせと書きながら、家ではMacBook Air2013で作業をしています

 

新型iPad Pro ペンシルがくっつくと聞いた瞬間にこれは買いだと確信。元々イラストを描く目的でiPad Proを買っていたので、必要ない道具ではない訳です。

 

というわけで、クリスマスプレゼントとして

買ってしまうことにします

在庫があればいいなあ

手ぶら財布からSIRUHAの財布に戻した件

SIRUHA(シルハ)ミニ財布 キャンバス (ライトブラウン) https://www.amazon.co.jp/dp/B077RYYNX2/ref=cm_sw_r_cp_api_-yA1BbWFJ297A

 

以前使っている財布はこれでした。

手ぶら財布は数ヶ月使いましたが、お札を取り出す場面でもやはりスマートさはなく、だんだんと扱いにくくなってしまいました。

 

Pressoの財布が来るまでSIRUHAの財布に頑張ってもらう事にします

小説執筆がiPhoneXメインになってきたという話

私は普段は会社員なので、執筆の時間は限られている。前はiPad Proで何でもこなせる事に心ときめいていた訳だが、最近の小説執筆道具はiPhoneXメインになってきてしまっている。家に帰って来れば、iPad ProかMacBook Airで執筆するのだが、隙間時間も無駄なく使いたい、体調不良の時もなるべく一文字でも書いていたい私は、自然とiPhoneXを道具にしていた。まだXレベルでは執筆出来ないという人もいる。まあ環境は人それぞれだけれど、小説に応募するもしくは原稿を作る最終段階まではiPhoneXで執筆することが可能である。

 

投稿サイトにもダイレクトに投稿できるし、場所を確保すれば電車内でも続きをかける。以前よりもiPhoneXを活用するようになったのはメリットしかない。

 

XS MAXを使っている人はさらに執筆しやすいのだろう。iPhoneの巨大化はあまり美しく無いけれども手軽な執筆道具として考えた時には、十分使う価値はあるのではないかと思う。

 

iPhoneX UQ mobileで運用。

使用アプリはWard。

料金が発生するが

毎日執筆していれば安いものだ