人生に輝きを!

革と絵画と小説と詩と

iPhoneXは執筆環境をも変えてしまうかもしれない。

私はiPhone6sから、iPhoneXに機種変更した。

まず最初に驚いたのが

画面の大きさと操作性の良さ。

 

普段は詩だけではなく、

小説も書いているのだが、

細かい編集作業を除いて

iPad Proで執筆していた。

イラストもiPad Proで作成している。

 

執筆環境はWordなので

全ての端末で同じ作品を書く事ができる。

試しにiPhoneXで執筆をしてみた。

 

iPad Proが

上手くWi-Fiで繋がらない時が

良いチャンスだった。

試しに、という軽い気持ちで

執筆を開始したのだが

iPadで執筆しているのと同じ様に

スラスラと書けるのだ!

 

これはもう本当に使える端末だなと

この時初めて実感した。

 

ライトユーザーであるなら

iPhoneXで殆どの用事を

完結させる事が出来るんじゃないかと。

 

新しい未来というのは

伊達じゃない