人生に輝きを!

革と絵画と小説と詩と

執筆におけるルーティン

小説など創作活動をしていく上で

自分をパブロフの犬状態に持っていくことは

非常に重要な事柄の一つであると

個人的には思っている。

 

はてなブログiPhoneでサクッと書いてしまうのだが、小説はiPad Proをメインに、細かい編集作業をMacBook Airで行う様にしている。

 

執筆環境はWordで、お金を払っているので

どの端末でも安定した執筆環境を構築する事が出来る

 

私は小説を執筆する時に朝早く会社に行き、執筆している。(まあ朝活というやつですかね

机をまっさらにしておくと集中力も上がる。それに朝という要素も加わって捗るのだ。

 

これが私の執筆の上でのルーティンだ