人生に輝きを!

革と絵画と小説と詩と

音声入力のみで記事をアップしてみる&オレンジヒール日本橋の靴クリーニングのお話

最近は音声入力で執筆することが増えました今この原稿も音声入力で書いています

だいたいパソコンで2000文字打つというのは結構体力のいることなんですが

音声入力になるとかなり楽にこなすことができます

 

主な執筆道具はワードと Google ドキュメントなんですが

今音声入力執筆をしている関係で今は Google ドキュメントがメインになっています

マックなのでワードは月額で料金を払っています

買い切り式だったら結構便利なんですけどね

 

と言うか Google ドキュメントの音声入力の精度が高すぎてかなりびっくりしています正直 iPhone の音声入力でも精度の方が良かったのですが

ヘタをすると怪文書みたいになってしまって音声入力した本人でも何を書いているのか

さっぱり分からないということがありましたが

 

Google ドキュメントはそんな事はなく

早口で喋っても正しく認識してくれるのでとても助かっています

 

私はキーボードの打ち方に独特の癖があるのか打ち間違いが多かったり疲れたり

そもそも執筆する意欲が削がれたり色々とあったのですが

音声入力の練習をしていくうちにこっちの方が楽だなと思うようになりました

と言うかものすごく楽です

 

今小説の執筆の方も音声入力だけで8万文字

どこまで行けるかどうか試してみようと思いますが

2日から3日かなそれぐらいでだいたい一万は超えているので結構効果はあるんじゃないかと思っています

一か月でどれぐらいかけるか計算できたらいいと思うんですが

 

確かアマゾンの商品の中で音声入力だけで執筆した本が売られていましたね

私はまだ買ったことがないんですがもう少し音声入力の精度が上がって完璧に音声入力で文章が作れるようになったら執筆業界も結構変わっていくと思います

 

ただ小説を書いている人は分かると思うのですがキーボードだとすらすら文章が出てくるように音声入力だと全く文章が出てこないという現象に遭遇すると思います

これも練習込みだと思います

今私はそこを少しずつ練習しているところで

どうしても文章に詰まってしまう時は万年筆を使って原稿用紙に執筆しているようにしています

 

詩の方は完全に原稿用紙と万年筆なので問題がないのですが、小説はもう今は手書き原稿を受け付けてくれる方が珍しくなっていて結構も不便なところもありますが

音声入力を使うと楽になりました

体調が悪い時もモソモソと喋るだけでいいのですから

 

iPhone の方は音声入力に対応していたのかどうかはわかりませんが

それでももそもそとゆっくり喋れば何とか認識してくれるので結構助かっています

 

完全に執筆の話になってしまいましたね

この間オレンジヒールというお店で靴のクリーニングをしてもらったのですがかなり革靴が綺麗になって帰ってきてとってもま大満足しました

私はこの通り革製品とか靴が大好きです

もう十分の靴は持っているので

(と言うか家族もいるのでしまうスペースがないのですが)

週末は音声入力の執筆と靴磨きで忙しいです

 

革靴の方はと言うと黒の革靴であるとネイビーブルーやバーガンディの色付きのクリームを塗ると深みのあるプロになって結構いい色合いになるんだそうです

私もこの間気まぐれでライトブラウンの靴をアンティーク仕上げてやってみたことがありますが学生時代に絵画を書いていた頃のことを思い出してちょっと懐かしい気分になったのは内緒です自分でやるのもかなり面白いなと思います

 

オレンジヒールさんというお店は日本橋にあって結構アクセスもしやすいです

クリーニングだけではなくて靴磨き屋シューケア用品も売っているので革靴月は一度行って見るのをお勧めします

特にクリーニングはめちゃくちゃ靴が綺麗になって帰ってくるので

1回やってみるのをお勧めします

 

溜まった汗とか汚れとか全部取れてしかもカビも生えにくくなるというので結構お得だなと思います。近くにこういうお店があったらかなり楽なんですよね

 

まあ近所であったらミスターミニットという手もあるんですけどせっかく道具にこだわっているのだからそこも惜しみなくこだわりたい。

 

私は結構家族から浪費家なんて言われてしまいますが

こだわっているものにはお金を惜しみたくないと思っているので

特に本、靴、自分の執筆道具に関してはお金を惜しみなく使います。

原稿用紙もそうですし MacBook もそうです。

 

今この MacBook Air 2013年モデルを使っているのですがまだきびきびと動きますそれでも買いたい欲が強いのでこの先どうなるかは分からないのですがバッテリーがかなり減るのが先に早くなってるのだけが悩みですね

MacBook12インチ買いたい欲が……

 

ここまで音声入力で書いてみましたかなり楽だと思います

特にブロガーなんてかなり効率よく仕事ができるようになるんじゃないでしょうか

会社で音声入力とかが使えるようになれば文字起こしの業務なんかもかなり効率よく進められるようになるんじゃないかと思います

 

どうしても人間の力だけじゃ限界があると思うので

あと音声入力を使うの上で小説でメリットになるのは

読みやすい話し言葉で書くことができるようになるところだと思います。

 

さすがにちょっと声に出してかけないようなシーンキーボードで打つことになるんですがそれでも楽なことに変わりはないです

ちょっとした主人公の独白のような部分は音声入力を使うとパパッと書けますので。

 

ただ Google ドキュメントはかなり便利なんですが

Google Chrome でしか使えないというのがかなり不便ですね

私の場合 MacBook ではサファリをメインに使っているので少々不便なところではありますこの Google ドキュメントの音声入力を使うためにアカウントを作成したので

(と言ってももう一個過去にアカウントを作っているのですが忘れパスワードを忘れていて幽霊アカウントとなってます)

 

Google ドキュメントの音声入力が他のブラウザでも使えるようになればいいなと思っているところです普段声が小さくあまり発声に自信がない私でも Google ドキュメントの音声入力はかなり精度よく聞き取ってくれるので非常に助かっています

 

これで大根に悩まされた腱鞘炎も少しは改善されるんだと思うと結構いいですね

専用のソフトを使わず無料でこのような高性能な機能が使える時代はとても良いです。

 

以上2591文字