人生に輝きを!

革と絵画と小説と詩と

それでも笑顔で働く人を見たことがあるのか

プロブロガーの人達には思う所がいっぱいあって、昔はそれに関する評論なんかも書いた事がある。

どうして有り余る程のお金を稼いでいながら、社会に本当に貢献する事を何もしないのか。

どうして身内の馴れ合いばかりして、自分の売名しか考えていないのか。

 

常識的に考えれば、お金持ちアピールをしたところでリスクが伴う。

重すぎる『自分自身』というものを天秤にかけている時点で、並大抵の事ではやっていけない、大変な側面がある事は理解している。これは批判ではなくて一意見だ。そして私の願望をつらつら書いていくとしよう。

 

普通はいくら稼ぎました、なんて書かない。それはマルチ商法のやり方と全く似ている。

いや、マルチ商法がより目のつきやすい形で世の中に現れてきたといってもいいものかもしれない。

私は、詳しくはここに書かないけれど、 検索で一文字か二文字でも打てば出てくるような大企業に勤めながら、創作活動をしている。それなりに幸せだ。

 

勿論、他の要因で自分という事に関して悩む事はあるけれども

そんな時に、『甘いかりそめの自由』をネットで見つけた時には、そっちに走りたくなる気持ちも分かる。

 

今現代の自由の象徴? とされているYouTuber、プロブロガー、どちらもかなり大変である事は知っている。

そんな面では尊敬する。でも最近は炎上させればいいんだと安易にいろんな事をやる人が多すぎる。

ブロガーだって、YouTuberだってサービスに依存している。そしてそのサービスを作っているのは

日がな馬鹿にしているサラリーマン、労働者達。

そんな人達に感謝もしない一部のプロブロガー達。確かにまあ、そんな人達に真の幸福を願い、達成する力なんてないと思ってしまうのだけれど。

 

そんなにお金が余っているなら、この世の中で苦労している社会的弱者の為に使ってみてほしい。

というかそこまで影響力があるんだったら、本当に社会の仕組みをひっくり返して欲しいんだ。

勿論マルチ的、信者的ビジネスではなくて。

 

例にあげるなら、障がい者の勤める作業所。それこそプロブロガー達が言っている、サラリーマンは搾取されてる!なんてレベルじゃない、むしろ働かない方がマシなのではないかというくらいの低賃金。アルバイトよりも安い工賃で働いている人がいる。(一ヶ月働いて一万いくかいかないか、なんて所もある)

 

そんな現実が隣り合わせになっている事を当然知っているだろう。

頭の良い人達なんだから、本当に本当の意味でそんな社会の側面を変えてはくれないか。

 

なんらかの障がいを持っていたり、低賃金で働いていたとしても、そんなに稼いでいなくても、

きちんとやりくりをして、笑顔で働いている人もいっぱいいる。私の友人がそうだ。

自分の仕事に信念を持って、笑顔で周りに挨拶して頑張っている人達がいる。

私も自分の仕事には信念を持ってやっている。

 

そんな信念をプロブロガーの人達は感じた事があるだろうか。

勿論、サラリーマン時代に物凄く傷ついた体験をした人も中にはいるんだろう。

辛かったと思うよ。でもそんな傷をいつまでもほじくりかえして、サラリーマンを一概に否定したりするんじゃない。それはその人の過去の一部でしかない。他の人には関係ない。巻き込もうと巧妙な手を使っている暇は今はもうこの国には無い。衰退の片鱗が見えている事に気がついていない訳じゃないはずだ。

仲間を作ってただ群れているんじゃなく、そこで一組織を作って、それで何か社会を変える様なイノベーションを起こしてほしい。

 

それくらい、簡単な事なんじゃないかい? 影響力がある、信頼がある、お金がある、というのなら

プロブロガー達で集まって一つの組織くらい作れるんじゃないのか。

実際に会社を立ち上げた人もいるね、立派だと思う。ブランドを立ち上げた人もいた。立派だと思う。

その組織力と影響力で何か、主に障害者雇用や作業所、社会復帰する事が出来ないホームレスの人。

社会的弱者や、痛みを負っているサラリーマンを、売名や搾取する要素を無くして本当の意味で救ってくれる、そんなビジネスを展開してほしいと思うんだ。

 

これは私の願いの一つ。

叶わないだろう。

人間、現状維持が好きだから。

 

私は芸術しか能がないし、有名な大学なんて出ていない。

それでも毎日時間が過ぎるのが早いと感じる程、楽しい。

自分で自分の目標を立て、1日5分でもいいから達成する喜びを感じながら生きている。

搾取されて消耗しきっているサラリーマンばかりだと思わない方がいい。

 

プロブロガーが自由なのは本当だろう。でもそれなりの自制心がなきゃやっていけない世界でもある。

そんな事ができるのは本当にすごいと思う。

でもある意味、不自由の面も多々あるんじゃないかと思っている。

 

完璧な、完全に自由な世界というのは『この世』には存在しないんだよ。

この世の中は修行の場なんだから。

 

障がいを持っている友人がいるので、願いを込めて書いてみた。ただそれだけの記事。