人生に輝きを!

革と絵画と小説と詩と

手ぶら財布を数ヶ月使ってみて、気になる所

ミニマリストしぶさんの「手ぶら財布」

発売された初日に真っ先に購入したので、数ヶ月間使い込んでいることになるのでレビューをば。なかなか検索をかけてみても、そんなにレビューをしている所が無かったので書いてみます。

 

・良い点

 

・バンカーリングがつけられない機種でのリング代わりとして安定性が高められる。

 

・鍵入れが大活躍。まだまだスマートホーム化されていないところが多いので、鍵がサッと出せるのはとても良い。

 

・一体型である事。これが利便性を高めていると感じる(が、少々不満に思う点も。後述)。手ぶらのコンセプトにしっかりとあった良い点だと思う。実際にポケットに放り込んで出掛けられる快適さは素晴らしい。

 

・悪い点

 

・肝心の一体型でありながら、粘着テープの質が良くない。くっつけた時の安定性がイマイチ

 

最初は純正のレザーケースで強粘着テープを使用。その後トライタン素材のケースでそのまま運良く強粘着テープで貼り付けることが出来ているが、多少ぐらつく。対応表が無い為、どの素材が粘着テープにあっているのか判断がつきづらく、ケースも財布ありきで考える必要がある所に若干ストレスを感じる事も。くっつける面がせまいのも安定性に欠ける理由だろう。

 

・スマートさが足りない

 

既存製品でも小さい財布は数多くあるし、小ささに関しての文句はないが、スマホにくっつけるとなると、やはり野暮ったく感じる事も。カード一体型ケースの方がスマートさに関しては勝ってしまっているのが非常に惜しい。

スマホを持つ時の安定性には一役買っている面があるが、スマホを持っていない時、出し入れする際の安定性はイマイチ。早く対応表とシート別売り展開をしてもらいたい。

 

・カード収納枚数

 

しぶさんのブログで3枚と書かれていたので、3枚だと思ってしまったが、手に入れて収納してみると最初は2枚しか入らなかった。初期ロットを出す前にブログで説明して欲しかった所。最初は二枚ほど、経年変化により3枚収納可能になります。と最初に記述するだけでも違ったのではないか、と思う部分も。

(数日3枚しまっていると安定してくるのは確かだが、財布開発に携わっているのだからセールスポイントだけでなく、デメリットになりうる部分のきちんとした説明を心がけて欲しい)

 

・総括

それぞれ3点ずつ挙げてみた。

どうだろうか。今の所個人的には満足しているが、多少野暮ったいのと重要な粘着性が少々ネック。乗り換えと単体使用を検討した事もある。貴重品を入れているだけに不安要素が強く出ては、製品のコンセプトと上手く噛み合わなくなってしまうので、改善策を練って欲しいが、製品開発から販売までこぎつけた所が、しぶさんの凄い所。このエネルギーをさらなる進化にも向けてほしいと思った。