人生に輝きを!

革と絵画と小説と詩と

小説執筆がiPhoneXメインになってきたという話

私は普段は会社員なので、執筆の時間は限られている。前はiPad Proで何でもこなせる事に心ときめいていた訳だが、最近の小説執筆道具はiPhoneXメインになってきてしまっている。家に帰って来れば、iPad ProかMacBook Airで執筆するのだが、隙間時間も無駄なく使いたい、体調不良の時もなるべく一文字でも書いていたい私は、自然とiPhoneXを道具にしていた。まだXレベルでは執筆出来ないという人もいる。まあ環境は人それぞれだけれど、小説に応募するもしくは原稿を作る最終段階まではiPhoneXで執筆することが可能である。

 

投稿サイトにもダイレクトに投稿できるし、場所を確保すれば電車内でも続きをかける。以前よりもiPhoneXを活用するようになったのはメリットしかない。

 

XS MAXを使っている人はさらに執筆しやすいのだろう。iPhoneの巨大化はあまり美しく無いけれども手軽な執筆道具として考えた時には、十分使う価値はあるのではないかと思う。

 

iPhoneX UQ mobileで運用。

使用アプリはWard。

料金が発生するが

毎日執筆していれば安いものだ