人生に輝きを!

革と絵画と小説と詩と

PGCDのケアから、後に何もしないケアに移行する

別に私は化粧をしないのだし、スキンケアは不要だと考えていたが

今は男も化粧をする時代、ならば少しでもケアをした方がいいのかと思い

PGCDのスキンケア、スカルプケアを共に行っていたが

どうやらその必要性はなさそう、という事に気がついた。

 

全て、水とお湯で解決出来るようなのだ。

 

www.amazon.co.jp

 

これを読んで、そう思った。

 

確かに靴磨きがこうじて、自分のケアにも目を向け始めた私だが

別にスキンケアに高額を注ぎ込まなくても良かったわけだ。

殆どの汚れは水とお湯で落ちてしまうし、私は化粧もしないのだから。

 

朝と夜、水で顔を洗えばいいだけだ。スキンケアはあくまで趣味。

ただそれが肌を破壊しているとなれば、PGCDの理念とは別に決別しないといけないかもしれない。商品自体は好きなのだが。

 

究極的には湯シャンでもよいと書かれているが、頭部だけはどうしても抵抗があるので

徐々にという事になりそうだ。

 

何もしない方が美しくなれる。私は見た目も中性的に近づけたいと思っているので

色々と試行錯誤を繰り返す事になりそうだ。